神奈川で利用する樹木葬

自然葬は、死んだ後には自然にかえすという埋葬の方法です。


墓地でも、墓石の下はそのままの土にされているのですが、墓石という人工物の下に眠ることになってしまいます。

神奈川で樹木葬の情報をお届けします。

しかし、自然葬では完全に自然の中にかえることになり、散骨をしたり樹木葬にするなどの方法で利用ができます。

神奈川県でも、近年樹木葬の設備を整えた墓地が増えています。
樹木葬と言っても、自分が気に行った場所に生えている木の下に勝手に故人を埋葬することは日本の法律ではできないのです。

必ず許可を得ている墓地や霊園の敷地内を利用する必要があります。


神奈川県内でも山間の霊園には樹木葬を用意していることも多く、里山型と呼ばれるように緑に囲まれた場所で静かに眠ることができます。

あなたのご要望に応えるT-SITE関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

しかし、お墓参りをする人にとってはその場所まで行くのが大変なものです。公園型では、一般の墓地のように生活圏内にある樹木葬の形なのでお墓参りに苦労することもありません。



公園のように見える場所に樹木が植えられており、その下に区画分けをされて一人ずつ埋葬されることになります。また、家族と一緒に入りたいという場合も利用することができます。

このケースでは、一本の大きな木の下ではなく一つの家庭で一本の木を植えるという方法も用意されています。


育っても大きくならない木が選ばれているので、木のお手入れに惑わされることがありません。神奈川県でも利用ができる施設は限られてしまうものであり、近年人気となっているので、早めに探し始めてみるといいでしょう。