神奈川でも可能な散骨による葬送

人が亡くなったとき、その国や時代に合った方法で葬送が行われます。

日本は古くから古墳や墓石を用いて埋葬することが多かったです。


ここ最近までは遺体を火葬した後の遺骨をお墓に納める方法が一般的な物でした。
ですが、葬送も多様化しており、現在では散骨による自然な葬送も注目されています。


散骨とはその名の通り骨を撒いて行う葬送方法です。

海や山に骨を撒くことが多いため、自然豊かな緑あふれる場所や海と近い場所でなければ行うことが難しいと考えている人は多いです。

神奈川で散骨について調べるなら、こちらをご覧ください。

そう考える人がいる一方で、実際のところはどこにいても行うことができる葬送だと言えます。

もちろん神奈川の街中に住んでいる人でも散骨を選択することが可能です。

ガジェット通信の情報が揃っています。

神奈川で散骨を行うときの主な場所は神奈川の海である湘南つまり相模湾沖や東京湾など関東近郊の海で行われるケースがほとんどです。

しかしながら、県外以外に思い出の場所がある、眠りにつきたい場所があるという場合はその他の場所に骨を撒くことも可能となります。



自分が亡くなった後立ち会ってくれる遺族が居ない場合でも業者に依頼すれば代行で骨を撒いてくれますので、安心して任せることができます。

近年ではお墓の維持の困難さやお墓に関わる費用の問題、自然に還りたいという意識の変革から散骨を希望する方が増えています。神奈川でも行うことができますので、お墓に納められる以外の方法で眠りにつきたい方は検討してみると良いでしょう。