神奈川県で海洋葬で人気が高いロケーションの紹介

自然葬を行う場合に、遺骨をお墓に埋葬せずに自然界に散骨する方法があります。日本国内では地権者の同意が得られにくい陸上で散骨することができないため、海洋散骨(海洋葬)が行われます。



海洋で散骨を行う場所は海岸や漁場・航路以外であればどこでも可能なので、故人や遺族が希望する所を自由に選ぶことができます。

関東地方で海洋葬を執り行う業者の多くは東京湾の沖合で散骨をしますが、神奈川県にもいくつか人気のロケーションがあります。

神奈川県内の沿岸部には観光名所がいくつかあり、美しい風景が眺められる場所で散骨を執り行う事ができます。

@niftyニュースを検索してみてください。

神奈川県で海洋葬を行う際に人気の高いロケーションは、赤レンガ倉庫・山下公園・大桟橋・横浜ベイブリッジが眺められる横浜湾エリア、軍港として有名な横須賀(三笠記念公園の周辺)、昔から若者に人気の高い江の島周辺(湘南エリア)です。


横浜湾であればみなとみらい1丁目周辺や、山下公園や大桟橋埠頭が眺められる海岸通1丁目周辺、横浜ベイブリッジの下などがおすすめです。

横浜や横須賀、湘南などで海洋葬を行う場合には業者に遺骨を預けて散骨を委託するか、遺族が船に同乗して散骨を行う方法があります。



船に乗船すると費用が高くなってしまいますが、天気が良ければ海上から美しい景色を楽しむこともできます。
故人が生前に神奈川県内の観光スポットを訪れたことがある場合には、海洋葬のロケーションとして横浜や湘南を考慮してみるのはいかがでしょうか。