神奈川での散骨による葬送

葬送の種類はいくつかあり、日本で長く続けられているやり方のひとつに埋葬が挙げられます。
現代では多くの場合、亡くなった人を火葬し、お墓に埋葬します。
しかしながら、現代人の価値観の変化やライフスタイルの変化によって葬送方法も変わってきました。


新しい葬送の方法のひとつとして人気が高いものに散骨が挙げられます。


これはどこでも行うことができ、神奈川でも行えます。

散骨は海や川、その他の許可された場所に骨を撒いて葬送する方法を言います。



お墓の場合は後継者が必要ですし、お墓がある間はずっと管理していかなければなりません。

しかし、骨を撒いてしまうのであればその後の管理は必要なく、独り身の方や故郷以外の場所で眠りにつきたいと考えている人にもぴったりです。それぞれの葬送方法にメリットはありますが、散骨にも魅力的なメリットがあります。

nanapiの情報を要約した情報サイトです。

それは自分の好きな場所で眠りにつけるということです。


神奈川では湘南や東京湾で骨を撒くケースが多いですが、それ以外にも自分が憧れている土地や好きだった場所、長年暮らしてきた場所の近くなど選ぶことができます。

最近では空から骨を撒く方法や一部を宇宙へと打ち上げて骨を撒く方法もあり、ロマンを感じてそのような散骨を選ぶ方も多いです。



もちろん神奈川の方でも業者に委託することで行えます。


散骨は自然に還ることができる葬送方法として注目されています。
ですが、まだ理解が完全に浸透しているわけではないです。
もし自分の骨を撒いてほしいと考えているのであれば事前に家族に意思を伝え、双方が納得できる結果を出しましょう。