トラック買取では業者選びが肝心

  • トラックの買取業者が増えた理由

    • 様々な種類の自動車が利用されている日本では、以前から中古車市場の発達していた乗用車と比べ、トラックの中古車市場はそれほど広がりを見せていませんでした。勿論、走行距離や使用条件に大きな違いがあるとは言うものの、乗用車の場合、買い替えのための頭金を充分賄う事も可能な場合が殆どですが、トラックはと言えば頭金にするにも程遠く、結果として長い期間使わなければならない状況でした。



      これは、比較的買い替えサイクルの短い乗用車に対し、長い期間使われるものであった事、そして仕様や塗装が各業者に合わせて作られていた事や、購入金額が高価である事によるものだと言えます。
      しかし、近年排ガス規制の強化や、海外での日本製トラックの人気の高まりから高額で買取をする業者が現れ始め、まだ使用が可能ではあるが、国内では規制によって走らせることが出来なくなったものを海外へ輸出するといった中古車市場が形成されました。



      自然と、トラックの買取金額は価格競争となり、今では国内でもまだ使用可能な車輌が、かなりの高額で取引される事となっています。

      また、その価格につられるように輸出される事を主な目的とした年式の古いトラックにも高い買取価格が付けられ、更に買取市場を広げる結果となっています。



      今後も、国内で生産する台数を減らす事は予想し辛く、更に国外市場での人気の衰えも感じられないことから、これらの買取業者は更に増加し、熾烈な競争を繰り広げる事でしょう。



      不要になったトラックを売却したいときには、多くの方が普通車と同様に中古車買取店に査定を依頼していると思います。
      しかし、こうしたお店では、一般的な中古車よりも査定価格が低くなる場合が多く、最悪の場合、買い取ってもらえずに廃車費用を支払って廃車にすることを勧められるケースも少なくないようです。



      これは物資輸送の業務に特化したトラックは購入するお客が元々限定されているため、一般的な中古車買取店にとっては売りにくい商品だからです。
      また、トラックは販売台数も一般車に比べて少なくて各業務に特化した形態をしているので、明確な相場というものが存在せず、専門的な知識がないと値段をつけるのが難しいという問題もあるので、買い取ってもらえたとしても高値がつきにくいのです。



      このように売却しにくいトラックですが、より高値で売却したいならば、事業用(商用)の自動車に特化した買取専門店に依頼するのがお勧めです。



      専門店ではトラックについての専門知識を持つスタッフが在籍しており、利益を十分に見込める確かな販売ルートを確保しています。このため、車種や年式、走行距離、車の状態などを総合的に査定して妥当な価格を提示してもらえるので、一般的な中古車販売店よりも高額査定が期待できます。

      また、専門店の中には、東南アジアや中東などの資材運搬用の車両や重機の需要が高い外国への販売ルートを確保しているところもあり、こうしたところでは、日本では車検に通らないような廃車同然の自動車でも、一定の価格で買い取ってもらえる場合もあります。



      なお、多くの買取専門店では自社のウェブサイトを開設しており、サイト上のフォームに情報を入力して送信するだけの簡易査定を受け付けています。
      また、必要に応じて無料出張査定も行ってもらえるので、まずはこうしたサービスを利用してみて丁寧に説明してくれる信頼のおける業者に買取を依頼しましょう。

  • 関連リンク

    • トラックを買取して貰いたいと考えたら、乗用車を中心に取り扱う業者ではなく、商用車を専門に扱う業者に依頼する事がお勧めです。乗用車を専門に取り扱う業者の場合、商用車に対する最低額は低めになってしまう可能性がある為です。...

    • 事故歴のあるトラックは買取りできないと思ってる方もおられるかもしれません。しかし、それは大きな誤解です。...